東中生のためのサイト

2年生

【1学期】

2年生というのは実は

「一番差がつきやすい時期」

なんですね。と言うか

「一番サボりやすい時期」

なんです。通常、社会人になったときに言われるのが、

「3のつくとき」

と言われます。

「3日」「3か月」「3年」

ですね。会社に勤めたら

「最低3年は勤めなさい」

と言われたりします。それで学生の場合は丁度

「2年」

という「2」のつく数字がそれに当たります。

「2か月」「2学期」「2年」

です。というのは、その時期には

「サボったり」
「ぐれたり」
「部活の中心になったり」

して一番勉強しなくなる時期です。そして、逆に

「入試によく出るところが出題される」

時期でもあるのです。

だから、

「この時期にがんばる」

というのは一番成果が上がりやすいのです。
例えば、ある中学の学年1位と2位がいました。最初の頃は競っていたのですが、ある時期から差がつき始めたのです。

それが丁度

「中2」

中1のときはほとんど同じだった成績が
中2で開いて

1位は三国丘高校に合格、元2位の生徒は3番手校

となっていました。

また、教え子が授業を聞かなくなったり、
成績が下がったりするのも

「中2」

なのです。逆に言えば、

「みんながサボる2年生、2学期にがんばれば成績は上がりやすい」

のです。中2になって周りがどんどん成績を下げる中、マイペースで勉強していた子はなぜか順位だけは上がってきました。

「2」

につくときは、「ピンチ」でもあり、「チャンス」でもあります。

ぜひ、この「チャンス」を生かしてください。